猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

猫は汚れたトイレが嫌い。押さえておくべきトイレの掃除方法

souji1

猫用トイレは、トイレそのものと、
その中に敷き詰めるトイレ用の砂だけという
とてもシンプルなものになる。

なので、猫のためにも飼い主のためにも、
使い勝手のよいトイレと砂を選びたいところ。

しかし、使い勝手のよいトイレを用意したからといって、
それだけで「猫にとって快適なトイレ」は望めない。

快適なトイレ環境づくりには、「こまめな掃除」が必要となる。

 

 

基本は使用後すぐに掃除

猫がトイレを使ったあとは、できるだけ早く掃除をおこなうこと。

特にウンチをした場合は、すぐに取り除くようにしたい。

掃除せずそのまま放置してしまうと、匂いも大変だが、
のちのち猫がまたトイレをおこなうとき、
ウンチやオシッコの吸収した砂を掘り起こしてしまい、
それが足や尻尾に付着したりする。

猫自体もクサくなり、またその足で家中を歩き回るわけなので、
家の中自体にクサさが充満してしまうことになる。

 

人間だけでなく猫も、汚れているトイレは利用したいと思わない。

そのため、トイレ環境が快適でない場合、
トイレ以外の場所でしようとするのは、無理もないことである。

 

 

また、ときどき、
「家の中にトイレを置くと、家の中がクサくなるし掃除も大変。
なのでウチは、外で自由にトイレをさせてます。
その方が、猫ちゃんも気持ちいいだろうし。」
と、変に自己肯定した自信家の言葉に納得してしまう人がいるが、
これはとんでもないこと。

 

人里離れた一軒家に住んでいるならともかく、
たいていの人は、町中に住んでいることだろう。

その場合は、近所の家の庭でトイレをすることとなり、
いずれその猫は恨まれることになる。

さらに近所の評判も悪くなり、住みづらくなったりと、
猫と飼い主の両方にとって不幸なことになる。

 

トイレの掃除は、猫を飼うにあたっての最低限の義務である。

初めは面倒かもしれないが、習慣化してしまえば楽になる。

猫は食事とトイレ掃除以外は、特に手のかからないペットなので、
こまめなトイレ掃除は、特段苦にならないはずである。

 

 

トイレは2つあるのが理想

トイレの嫌な臭いを消し、清潔さを保つためにも、
ときどきトイレの砂を全て捨てて、
トイレ自体の水洗いをおこなうようにしたい。

このようなトイレの全清掃のときに備えて、
もうひとつ別にトイレを用意しておくと便利。

 

またトイレ周りに砂が飛び散ることが多い場合は、
ビニールシートの上にトイレを置いておくと、
掃除がラクになる。

必要に応じて、トイレの近くに猫用トイレ周り専用の、
小さな手ぼうきなどを置いておくと、
素早くかつこまめに掃除ができるためおススメである。

 

 

家族はトイレの匂いに鈍感

普段僕たちは、自分の家の中の匂いは気づかない。

それは、猫のトイレの匂いが充満していても同じこと。

面白いことに、たとえ家を数日間留守にして、
久しぶりに帰宅したときでさえ、気づかないのだ。

 

そのため、自宅に友人知人が来た時に、
嫌な臭いがしないか尋ねてみるとよいだろう。

もし、におい(トイレの匂い)が指摘された場合は、
猫の砂を消臭効果の高いものに変えたい。

また、すのこのあるトイレも売られているので、
すのこの下に消臭剤を入れておくという方法もある。

 

トイレの匂いに関しては、
特に梅雨時期に気を付けるようにしたいところである。






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。