猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

かわいそう?全ての猫が室内飼いにストレスを感じる訳でない

stress

人里離れた一軒家で猫を飼うならともかく、町の中で飼う場合は、
なるべく室内飼いにすることが望ましい。

なぜならば、猫の死亡原因のトップは「交通事故」であり、
つまり車にはねられて命を落とす確率がかなり高いからである。

 

さらに猫を放し飼いにすると、病気を貰ってきたり、
近所の家の庭などでトイレをしたりすることで、
他人に迷惑を掛けることになる。

「自由に外出できないので、かわいそう」と思うかもしれないが、
猫の幸せのためにも、室内飼いを強く勧める。

 

 

家の中だけの生活だとストレスを感じる?

本来、猫は広い行動範囲を徘徊する動物ではない。

基本的に、安全な寝場所と十分なエサの確保ができていれば、
縄張りは狭くても問題ない。

決して広くない家の中でも、ストレスなく生活できる。

なので交通事故や病気で死なせることを考えたら、
室内飼いの方が賢明な判断であることは間違いないだろう。

 

 

しかし問題なのは、飼い主が人間基準の勝手な思い込みで、
「完全室内飼いだとかわいそう。ストレスを感じているはずだ。」
と思い、放し飼いにしようとしてしまうこと。

 

そのように思ってしまうと、猫が外をじ~っと見ているだけで、
「家の中だけの生活にストレスを感じているので、外出したいのだ。」
と思ってしまったり、

出かける際に玄関まで着いてくる猫を見て、
「きっと自由が欲しいのだ。かわいそうに。。」
と思うことで、飼い主の心に負担がのしかかってくる。

 

猫は人の心に敏感な、かなりデリケートな生き物のため、
そういった飼い主のストレスや不安を感じとる。

そしてそれが原因で、猫自身も室内飼いにストレスを覚えてしまう。

 

なので、
「猫は室内飼いでも、かわいそうなことは何もない」
と飼い主自身が信じることで、
猫自身も室内飼いにストレスを感じることなく
暮らしていけることを覚えておいて欲しい。

猫は、家の中という縄張りに、
安全な寝場所とエサと幸せな雰囲気があれば、
満足な生活をエンジョイできるのである。

stress1

 

 

子猫時代から室内飼いを

子猫のときから室内飼いをおこなうことが重要となる。

子猫のときから屋外に出たことのない猫は、
大人になっても外出したいとは思わない。

家の中だけが縄張りとなっているので、
たとえ窓や戸が開いていようと、
恐怖心のため、易々と屋外に出ようとはしない。

 

しかし一方で、外の世界を知っている猫を室内飼いにするのは、
なかなか困難である。

”自由が欲しい”のではなく、”屋外の縄張りが気になる”ため、
家の中でも頻繁にソワソワし、外に出たがる。

 

一度室内飼いにすると決めたら、貫くようにすることが大切。

かわいそうだからと、安易な気持ちで外に出してしまうと、
後々、猫にとっても飼い主にとっても酷な状況が待っている。

 

 

猫と飼い主お互いの幸せのために

飼い猫がある日突然不慮の事故で死に、
「本来の天寿を全うさせてやれなかった責任を感じる。。」
と、飼い主が悲しみや悔しさで立ち直れなかったとしたら、
猫にとっても悲しいことだろう。

猫の寿命は人間よりも短いため、
飼い主より先に死んでしまうことが多いが、
納得いく命の終わり方にして欲しいものである。

そのための環境づくりをおこなうことが、
僕たち飼い主の義務と責任ではないだろうか。

 

 

我が家の猫の室内飼いエピソード

ムサシは生後1か月ぐらいのときに拾ってきて、
それからは完全室内飼いで育ててきた。

なので室内飼い生活にストレスを感じる様子はなく、
基本的に毎日悠悠自適に過ごしている。

 

しかし、たまに扉が開かないかをチェックしている。

それは初めに外出したとき以降から、おこない始めた。

屋外に縄張りを持ってしまったのだろう。

それからというもの、月に一度のペースで家から脱走する
常習犯となってしまっている。(笑)

そしてたまに喧嘩傷をつけて帰ってきたり。。

 

一度、外の味を覚えさせたら、
管理がなかなか大変なことを痛感している。






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。