猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

猫を叱ることはまったくの無駄。しつけ方法のコツは習慣づけ

shuukan2

猫と犬の生まれつきの性格の違いについては以前に述べたが、
いろいろなしつけをするときにも、これは大きく関係する。
(該当記事:犬と違って猫は挨拶をしない

一言で言うと、犬は叱られたことが理解できるが、
猫には理解できない。

これはつまり、猫を叱っても、
何の意味もないということである。

 

 

習慣づけることが猫のしつけ

群れで生活する犬は、
飼い主が喜んでくれることを幸せだと思い、
褒められたいと感じている。

なので、叱られたことが理解できるというわけである。

 

しかしその一方、単独生活をして
仲間との繋がりを持とうとは考えない猫は、
叱られても、ただ「怖い」と感じるだけである。

すなわち猫は自分のしたことと、
飼い主の感情とを結びつけて考えることはできない。

おそらく「この人は機嫌が悪いから近寄るまい」と思うだけである。

なので結果的に「そばにいたら危ない」と思い、
コソコソと逃げてしまい、それでおしまいとなる。

 

猫をしつけるということは、叱るのではなく、
何かをしないような、または何かを決まってするような習慣を
覚えさせるということである。

習慣づけるために大きな声を出すことはあっても、
決して「叱る」のではない。

かなり微妙なところではあるが、猫をしつけるにあたって、
このことは頭に入れておきたいところである。

 

 

猫が何かをやる前に制止する

4278603209_08859b22a8

猫がしてはいけないことをしそうになった瞬間、
大きな声を出して猫の気をそらしてあげるとよい。

「コラッ!」でも「ワッ!」でも構わない。

猫がビクッ!として、動きを止めさえすればよいのである。

そうやって何度も制止していると、
やがて猫に「それはしてはいけないものだ」という習慣ができる。

シンプルではあるが、これが猫のしつけとなる。

 

 

猫のしつけの基本例

例えば、爪とぎ器以外の場所で爪を研ぎそうになったら即、
びっくりさせて気をそがせる。

そのうちに猫は「ここでは爪を研がないもの」という習慣を得る。

声は遠くからでも構わない。

猫がビクッとして、やりそうになったことをやめればよい。

 

また食卓の上など、乗ってはいけない場所に猫が乗ろうとしたら、
すかさず手で制す。

また乗ろうとしたら、再び制す。

これを何度でも、猫が諦めるまで繰り返すとよい。

 

基本的に、猫は長年やったことのないことを、
新たに始めようとは思わない。

それが猫にとっての「そういうもの」という習慣になる。

また、猫に「そういうもの」と思わせるには、最初が肝心である。

なので、飼い始めの時期は、
なるべく多くの時間を猫と過ごすよう心掛けたい。

shuukan1

 

 

僕が実際に行ったしつけのエピソード

野良猫だったムサシ(猫)を飼い始めた時の話。

当然しつけなどされていない、やんちゃな子猫だったため、
布団や毛布におしっこをされて、
かなり頭を悩まされた経験がある。

しつけのやり方は、おしっこを布団にしそうになった時、
制止させる方法がベストであることは知っていた。

しかし僕の場合は、声で抑制するのではない別の手段を用いた。

それは、”霧吹きスプレー”である。

 

特に人が寝静まった深夜に、
おしっこをやられることが多かったため、
スプレーを枕元に置き、寝たふりをして、
こっそりとムサシを見張っていた。

部屋を暗くしたあと、しばらくすると、
ムサシがゴソゴソと活動し始める。

クンクンと布団の匂いを嗅いだ後、
腰をかがめだす。

そのときに、水スプレーをシュッと振りかける。

すると猫は、びっくりして行為を中断する。

これを何日か繰り返したところ、
布団でオシッコをする行為はなくなった。

 

これは、爪とぎのしつけをするときにも、
同じように効果を発揮する。

このしつけ方法には、声で直接叱らないため、
飼い主が猫に嫌われないというメリットがある。

 

霧吹きは、ノズル設定を”霧(ミスト)”ではなく、
一本線で水が出るよう設定しておけば、
遠くからでも、しつけを行うことができる。






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。