猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

夜の猫の集会に室内飼い猫の参加義務はない

shuukai

深夜に猫が駐車場や神社や公園に集まっている光景を、
見たことがある人は多いだろう。

猫には、夜に集会をおこなう不思議な習性がある。

いったい、この夜の猫の集会では、何がおこなわれているのだろう。

 

 

謎に包まれた猫の集会

この猫の集会、規模は様々であるが、
規模の大きいところでは10匹以上の猫が集まる。

集会場所は、その地域によって様々。

 

しかしこの猫の集会は、何の目的でおこなわれているのか、
集まることでどうなるのかなど、
詳しいことは明らかになっていない。

 

実際のところ、この猫の集会で猫たちは、
ジャレあったり、喧嘩したり、遊んだりするわけでもなく、
ただお互い一定の距離を保ち、ジッと座っているだけ。

深夜にどこからか集まってきて、
そして集会が終わると、それぞれどこかに散っていく。

人間のように時計も持たないのに、
なぜ集会時間が分かるのかも不思議でならない。

動物の中では、かなり身近な存在である猫だが、
よくわからないことだらけである。(苦笑)

 

 

またこの猫の集会だが、
猫が多く住む地域でしかおこなわれないと言われている。

そう考えるとおそらく、おなじテリトリーに住む猫同士の
顔見せではないかと推測される。

まぁ一種の近所付き合いといったところだろうか。

ご近所とより良い関係を築いておきたいのは、
動物の本能かもしれない。

 

 

室内飼いの猫に集会の参加義務はない

この猫の集会は、野良猫や放し飼い猫といった、
屋外を生活環境の一部としている猫だけに
参加義務があると考えてよい。

そのため飼っている猫が室内飼いのため、
「集会に参加させてあげれなくてかわいそうだ」
などと思う必要はない。

室内飼いの猫は、集会のことは知らないだろうし、
たとえ知ったとしても、
近所付き合いの必要性がないので行きたいとは思わない。

猫の集会は、屋外を行動範囲にしている猫だけの、
習性なのである。

 

室内飼いの猫と屋外を生活の行動範囲としている猫では、
持っている習性が全て一緒ではないことを
覚えておく必要がある。

 

 

我が家の猫はどうなのか

我が家の近所で深夜、猫の集会が開かれているのだが、
ムサシは子猫時代から室内飼いのためか、
その夜の集会に行こうとはしない。

 

しかし、深夜丑三つ時あたりになると、
毎日ではないが、ソワソワすることが多い。

ニャーニャー鳴いたり、しきりに外を気にしたりといった具合に。

やはり猫が近所で集まっている時の、
大きなエネルギーを感じるのだろう。

ベランダに出してやると、夜の集会が気になるというより、
外敵が自分の縄張りに進入してこないか、
ジッと見張っているようである。

そしてしばらくすると、落ち着いて眠りに落ちている。

 

ムサシは喧嘩っ早いので、もし夜の集会に行ったら、
近所付き合いを考えるのではなく、
間違いなく喧嘩を仕掛け、集会をぶち壊すだろう。(苦笑)

実際に過去、夜に何度か家から脱出したときは、
すぐさま喧嘩声が聞こえるというありさま。

そして喧嘩傷を蓄えて帰ってくるという、根っからの一匹狼。

まったく近所付き合いの悪い猫である。

でも「ペットは飼い主に似る」という言葉が、
ふと脳裏をよぎってしまった。(笑)






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。