猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

猫の1日の食事回数と1回の食事量の目安とは

shokujiryo

猫の食事回数や食事量というのは、
一般的にどのくらいが適切なのだろう。

食事の問題は下手をすれば、猫の健康を害するので、
それらの「適切な目安」を知っておくことは、
飼い主にとって大切なことである。

 

 

1回の適切な食事量

まず初めに、猫の1回の適切な食事量とは、
いったいどれぐらいなのだろうか。

実際のところ、人間と同じく猫にも、
大食いをする猫や少食気味の猫がいたりするため、
決まった食事量というのは存在しない。

つまり食事量は、体重によって決められるものでもない。

 

結論からいうと、
「一気に食べてしまう量」が1回の食事量の目安となる。

なので、常日頃の食事を与える経験から、
適切な食事量を覚えていくことが肝心となる。

 

 

1日の適切な食事回数

猫にとって、適切な1日の食事回数とは
どのようなものなのだろうか。

基本的に大人の猫は1日2回、
子猫は1日3~4回が食事回数の目安となる。

また、妊娠中および授乳中の猫に関しては、
子猫と同じ1日3~4回が適切な食事回数となる。

 

子猫はまだ胃が小さくて、
一度にたくさんの量を食べることができない。

でも、体の割りに多くの食事量が必要なので、
何回かに分けて与えるわけである。

妊娠中や授乳中の猫の食事回数が多いのも、
同じ理由である。

rinyuki1

 

もし食事に缶詰を与えているならば、
食べ残しをいつまでも出したままにしておかないで、
早めに片付けるようにしたい。

匂いや味の変わってしまった食べ残しを、
あとで猫が食べることはあまりないので、
不潔になるだけだからである。

 

一方ドライフードは、以前の記事でも述べたとおり、
缶詰よりも良い保存状態が保たれる。
(記事:猫は匂いで食べ物のおいしさを判断する

なので、いつでも好きな時に
食べられるようにしておくことができる。

しかし、だからといって、
一度にたくさん出しすぎないように注意する。

夕方までに食べてしまう量を、
朝、準備してあげるようにするとよいだろう。

 

 

食事の時間は特にこだわる必要はない

 

食事の時間に関しては、
それぞれの家庭に合わせて調節して構わない。

例えば朝の早い時間に、
朝食の催促で猫に起こされて困るというときは、
夜中にドライフードを自由に食べられるようにしておくとよい。

そのほか家族の生活サイクルに合わせて、
猫の食事時間を決めるとよいだろう。

 

 

まとめ~食事回数と量の目安

・子猫と妊娠・授乳中の猫は1日3~4回、
大人の猫は1日2回が目安。

・一気に食べてしまう量が1回の適当量。

・食べる量は季節や年齢によっても違う。
老齢の猫は食べる量が減ってくる。

・ドライフードや缶詰には、
一日の回数と量の目安が表示されているので参考にする。

・夜行性の猫は、もともと夕方から夜にかけて食事をしていた。
夕飯が早くて、夜中、何も食べなければ、朝早くからお腹がすいて当然。
食事時間を上手に調節する。






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。