猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

猫は本来の習性にとらわれずいろんな生活に適応する

seikatu

猫は、先祖代々受け継がれた独特の習性を持っているいっぽうで、
いろんな環境への高い適応力や順応性も持ち合わせている。

そのおかげで、猫はいろんな生活スタイルを送ることができる。

元来は単独生活を好む動物であるが、
飼い主をいつまでも母親とみなすことで、
子猫のように他の猫たちと共同生活を送ったりする。

よく「猫は単細胞だ」とか巷で言われたりするが、とんでもない。

犬のように人間に忠実ではないが、猫はとても賢い動物なのである。

 

 

本来の習性をアレンジ

猫の持つ習性の目的は、過酷な野生生活の中において、
”安全な場所”と”十分なエサ”を確保するためのものである。

猫に限らず地球上の生き物たちの習性というのは、
この”安全”と”エサ”の確保のためなのだ。

 

現代において猫は、野生生活をしていた先祖と異なり、
ペットとしての生活を送ることがほとんどになってしまったが、
肝心かなめの”安全”と”エサ”を確保できてさえいれば、
いろんな生活スタイルに順応することができる。

習性は”安全”と”エサ”の確保のため存在するので、
逆をいえば、安全とエサが確保さえされていれば、
本来の習性に拘らなくてよくなるということ。

よって、家の中だけで生活したり、
ゲージの中だけで生活したりできることになる。

猫はこのようなわずかな条件さえ満たしていれば、
どんな生活スタイルにも幸せを感じながら適応できるのだ。

現代風の言葉でいえば、”ミニマリスト”といったところだろう。(笑)

 

 

どんな生活を選ぶかは猫しだい

現代の猫の生活スタイルは実におもしろい。

本来エサであるはずの小鳥と仲の良い猫もいれば、
犬や猿といった他の動物と仲の良い猫もいる。

また、犬のようにリードに繋がれて、
外を散歩する猫もいれば、ドライブが好きな猫もいる。

さらには、人間と同じ洋式トイレを利用する猫もいれば、
自分で冷蔵庫を開けてしまう猫、
驚くことに人間と一緒にお風呂にまで入る猫さえいる。

 

人間と共同生活するなかで、
猫はバラエティに富んだ習性を持ち合わせることになった。

しかしこのような新たな習性というのは、
教えようとしてもかなり難しいものがある。

猫は犬のように何でも素直に受け入れない。

猫は自分で納得したものだけを受け入れる、自由主義者なのだ。

 

安全とエサの確保のことを考えなくてよくなったおかげで、
猫は自由で快適なライフスタイルを選ぶようになったのだろう。

なんとも平和な話である。

 

 

我が家の猫、ムサシばなし

我が家の猫ムサシは特に変な習性は持っていないが、
強いてあげれば、お出かけ用のキャリーケースを蓋を開けると、
自然と中に入ってくるところだろうか。

キャリーケースに入れば、
楽しい外出ができることを知っているようだ。

あと、車の中も好きな様子。

ドライブは全く嫌がることなく、
いつも興奮しながら窓の外を眺めている。

なので、その勢いで動物病院に連れて行くときは、
なんか騙している感じで、少々気が引けてしまう。。(苦笑)






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。