猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

猫におやつを与える頻度・量はどのくらい?

kyukaku2

猫の食べ物としては、
栄養価の高いキャットフードのみを与えるのが理想ではあるが、
それ以外の食べ物を絶対に与えてはいけないというわけではない。

僕たち人間も、栄養のある食べ物以外に
お菓子やお酒やジュースなどの嗜好品を食べたりする。

人間はよくて、猫にはダメというのも何だか筋が通らない。

なので、猫にも同じような楽しみがあっていいと思う。

ただしそういう嗜好品は、
1日に食べる食事量のほんの一部にとどめることが大切である。

おやつは、あくまでもおやつである。

人間の子どもに対しても同じだが、
お腹がいっぱいになるほど、おやつを食べさせるべきではない。

 

 

おやつの食べすぎは不健康のもと

栄養価の高い食べ物よりも、
おやつなどの嗜好品がより食欲をそそるのは、
猫も人間も同じである。

おやつを食べ始めたら、
つい止まらなくなるのも同じだと考えてよいだろう。

 

猫は人間の子どもと同じで、栄養のバランスを考えたりはしない。

なので、猫におやつを与えるといくらでも欲しがることになる。

そして、おやつでお腹がいっぱいになってしまった場合、
夕食が食べられなくなるのも、人間の子どもと同じである。

 

これでは、偏った食事と不健康のもとであるため、
おやつを与える場合は常に頻度と量を意識して、
与えすぎないように注意したいところである。

また家族が多い場合は、
それぞれがおやつを好き勝手に与えてしまうことのないよう
特に注意が必要である。

eduke

 

 

刺身やチーズも猫にはおやつ

 

刺身やチーズやササミなど、人間用の食べ物を猫に与える時は、
それは食事ではなくおやつだと認識していることが大切である。

おやつを欲しがるからといっていくらでも与えたら、
猫はいつでも貰えるものだと思って、
ますます欲しがるようになることも覚えておきたい。

 

ペットショップにはグッズだけではなく、
猫用おやつも売られている。

これには、1日に与える量の目安が表示されているので、
やみくもに人間の食べ物をおやつとして与えるよりも、
猫の健康にとって安心である。

また最近では、インターネットでも、
ペットショップで売られているおやつが売られているため、
忙しい飼い主の方たちには便利である。

しかも品数に関しては、かなり豊富であるのが特徴である。

以下のリンク先のネットショップを参照。

いろいろな猫のおやつ






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。