猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

猫の毛が抜ける(抜け毛の)時期には1日2~3回クシをいれる

nukege

春から初夏にかけての季節と、秋の終わり頃の季節は、
猫の毛が大量に抜ける時期となる。

冬の毛が夏の毛に、また夏の毛が冬の毛に生え換わる時期であるため、
換毛期と呼ばれている。

この時期は毛の短い猫にも、
こまめなコーミングやブラッシングが必要となる。

抜け毛を取り除いてあげるためである。

 

 

春の換毛期には特に大量の毛が抜ける

猫の毛は一年中同じように見えるかもしれないが、
実際は季節によって異なる。

冬は柔らかい毛のたくさん生えた温かい毛皮に、
いっぽうで夏はすっきりとした涼しい毛皮に換わる。

 

体の毛をかき分けて、一度観察してみるとよいだろう。

すると、2種類の毛が生えているのがわかるはずである。

ひとつは外から見える太くてまっすぐの毛で、
「上毛」と呼ばれるもの。

そして、その上毛をかき分けてみると、
その下にカールした柔らかい毛が生えているのがわかる。

それは「下毛」と呼ばれるものである。

 

冬に向かい、上毛が新しく生え換わるのと同時に、
下毛がたくさん生えてくる。

そのフワフワの下毛が、セーターのような役目をすることになる。

いっぽう夏に向かうときは、上毛が生え換わり、
下毛が抜け落ちる。

なので、春の換毛期のほうが秋の換毛期よりも、
ずっと大量に毛が抜けるというわけである。

 

 

抜け毛は毛玉になりやすい

春の換毛期に大量に抜ける下毛は柔らかいので、
抜けた後も体にくっついたままになりがちである。

もつれやすく、また毛玉になりやすい毛でもある。

そのため春の換毛期には特に、
1日に2~3回は毛をコーミングやブラッシングを
してあげることをおすすめする。

nukege1

 

 

換毛期の毛の手入れのコツ

・毛の短い猫は、クシでこまめにすくとよい。
驚くほど毛が抜けるが大丈夫。抜け毛をとことん取ってあげよう。

・毛の長い猫は、スリッカーブラシを使うと便利。
毛の長い猫ほど、毛玉ができやすいから注意。

・頑固な毛玉ができて、ほぐせなくない場合もある。
その時はハサミで縦に何回か切れ目を入れておいてから、
毛先のほうからクシを入れるとよい。
肌を傷付けないように注意する。

・それでもダメな毛玉は、毛玉ごと切り取ってしまっても問題ない。

 

 

 

抜け毛の時期の部屋の掃除

こまめにクシを入れたりブラッシングをしていても、
抜け毛は床に落ちたり家具にくっついたりするものである。

これらの抜け毛もこまめに掃除すると同時に、
毛のつきにくい工夫や手軽に掃除のできる工夫を
考えたいところである。

 

 

部屋の隅にたまった毛がノミの繁殖場になる

猫がいれば家の中が毛だらけでも仕方がないと思うのは、
無神経か鈍感な人である。

そういう人に、猫の世話は向いていない。

猫がいても努力と工夫で、
家の中は十分きれいに保つことができる。

 

「猫のいる家のソファーには座りたくない」
「猫のいる家は汚い」
と他人に思われないようにしたいものである。

猫を飼うことが、世間に嫌われないようにするためにも、
一人ひとりが気をつけなければならないことでもある。

 

床の上に落ちた毛は、
部屋の隅やベッドの下などに寄せられて、溜まっていく。

そしてホコリと一緒になって、その結果、
ノミやダニの格好の巣になってしまう。

こまめに掃除をすることは、
美観だけの問題ではないということがわかってもらえたと思う。

nukege2

 

 

手軽な掃除のために家具の配置を工夫する

まず掃除のしやすい家具の配置を考え、
毛やホコリのたまりやすい場所を作らないことが大切である。

家具と家具の間に狭い隙間を作らないようにし、
床には物を乱雑に積み重ねたりせず、
掃除機が楽にかけられるように工夫するとよい。

また、掃除機が届かない場所を作らないことも大切である。

 

カーペットなどは、抜け毛がこびりついてなかなか取れない。

なのでカーペットはなるべく敷かない方が、
より手軽に掃除ができることになる。

 

 

部屋をきれいに保つ工夫

・手軽な充電式の掃除機があると便利。
気が付いたらその都度手軽に掃除ができる。

・家中のあちこちにガムテープを置いておく。ローラー式が便利である。

・クッションカバーやソファーカバーなどは、毛のつきにくいサラサラとした材質の布を選ぶ。
着脱の楽なものを選び、こまめに洗濯することも大事。
また、洗濯の前にはガムテープで毛を取っておく。

・布団の上に猫が寝る場合は、サラサラとした材質のベッドカバーを掛ける。布団カバーをはずすより楽なので、こまめに洗濯ができる。






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。