猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

猫は自分の匂いに深い安心感を覚えるナルシスト?

nioi

猫は自分の匂いがする場所だと安心するため、
普段から自分の縄張りに匂いをつけておく習性がある。

僕たち飼い主には判別できないが、室内飼いをしている場合は、
家中あらゆる場所の飼い猫の匂いが染みついているといえる。

また、よく飼い主に体をぶつけたりして甘えてくることがあるが、
それも匂いつけのひとつ。

猫はとにかく、自分の匂いに安心感を覚える。

 

なので、もし新しく猫を家族の一員に迎える場合は、
この匂い習性を上手に利用することで、
猫へのストレスを大きく軽くすることができる。

 

 

猫を運ぶ時は匂いで安心させる

それまで暮らしていた環境に別れを告げさせて、
猫を新居へと連れて帰るときは、
その猫がそれまで使っていたタオルなどを貰って、
キャリーバッグの中に入れておくとよい。

猫からしてみれば、ある日突然キャリーバッグに入れられて、
どこかに連れて行かれるわけなので、不安で仕方ない。

そこで自分の匂いのするものが一緒にあれば、
猫の不安は大きく減らすことができるというわけである。

 

しかし生後3~4か月ぐらいまでの子猫の場合は、
大人の猫のように警戒心や恐怖心が少ないため、
特に匂いに対して配慮しなくてもよい。

nioi1

 

また乗り物などで猫を運ぶときは、
あまり大きな振動を与えると猫が怖がるので、
やさしく運ぶよう心掛けるようにしたい。

その際、初めは恐怖心から猫が激しく鳴くと思うが、
あまり声を掛け過ぎず、そっとさせておくのが無難。

猫は人間の言うことには耳を貸さず、
自分自身で危険か危険でないかを判断する。

そして、いま自分の置かれている状況が安全だとわかれば、
自然と鳴きやみ静かになるのが普通。

 

 

 

トイレのしつけにも匂いを利用

猫は一度オシッコやウンチをした場所をトイレとして、
その後も繰り返し利用する習性がある。

その決め手となるのが、やはり”匂い”。

たとえこれまでとは違う新しいトイレを利用することになっても、
自分の匂いのするトイレであれば、猫は安心して利用する。

なので、それまで利用していたトイレの砂を持ち帰り、
新しいトイレに入れておくとよい。

そして、一度新しいトイレを利用してしまえば、
トイレに関するしつけはほとんど心配しなくてよいだろう。

 

 

我が家の猫の匂いエピソード

我が家のムサシはよく、僕の身体に匂いをつけてくる。

そして面白いのが、僕の足の指先の匂いをしきりにかいて、
自分の匂いをつけてくること。

たしかに人間の身体の中では、
足が一番強烈な匂いがするところである。(笑)

猫にとっては、それに不安を覚えているかもしれない。

なので自分の匂いを染みつけることで消臭し、
同時に安心感を得ているのだろう。(苦笑)






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。