猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

猫は飼い主をどう認識している?飼い主にベッタリな関係

ninsiki

以前、”猫は1匹で暮らす動物”ということを言った。

しかし飼い猫というのは、大人になっても単独生活どころか、
飼い主にベッタリ甘えたり、人の近くにいたがる。

どこか矛盾していると思われるかもしれないが、
これは飼い猫が自分を”子ども”と認識しているからである。

 

 

いつまでも子猫気分

子猫というのは乳離れしたあとも、すぐに1人立ちするわけではない。

しばらくは母猫に、ご飯を用意してもらう。

そして子猫自ら、ご飯を調達できるようになったところで、
大人の猫として、1匹で生きていくことになる。

 

しかし飼い猫というのは、いつまでも飼い主からご飯を与えられる。

さらには、母猫がしてくれるような温かい愛情を、
飼い主がいつまでも提供してくれる。

撫でてくれたり、抱っこしてくれたり、グルーミングしてくれたりと。

 

なので結果的に、飼い猫はいつまでも”子猫気分”が抜けなくなる。

飼い主を見るとつい、全ての世話をしてくれる母親という認識し、
自分が子猫のつもりになってしまう。

飼い主が飼い猫に撫でたりといった愛情を注いでいると、
よくゴロゴロと喉を鳴らすことがある。

あれはまさに子猫が母猫に甘え、安心するときに出す音なのである。

 

 

飼い猫は常に子ども気分なの?

単独生活を好むはずの猫だが、
飼い猫は複数同時に飼われることも多い。

これは飼い猫が自分のことを子猫と認識しているからこそ、
他の猫と一緒に生活することができるのだ。

単独生活をする猫といえど、
子猫時代は母猫を中心とした集団で生活する習性を持っている。

飼い主が常に母親と認識しているからこそ、
そこで暮らす猫たちは子猫として一緒に生活できるというわけ。

 

ただ、家の中ではそんな子猫気分の飼い猫も、
いったん家の外に出てしまえば、大人気分になってしまう。

普段家の中では気兼ねなく触ることができる飼い猫が、
外ではなかなか体に触らせてくれないのは、
こういった気分の変化によるものなのである。

 

 

我が家の猫、ムサシばなし

我が家のムサシは家の中では、
とにかくゴロゴロと喉を鳴らしては、人に甘える。

完全室内飼いなのだが、よく脱走する。

屋外に脱出した際、捕まえようと近づくのだが、
絶対に体を触らせてくれない。

まさに普段とは全く違う猫に変貌してしまう。

 

他の猫との喧嘩モードのようなときに近づこうものなら、
家の中では絶対に見せない”鬼のような形相”で、
飼い主である私を激しく威嚇してくる。

初めは情緒不安定な猫と思っていたが、
これは子猫から大人の猫へと認識の変化が生むことなのだと、
後になって理解することとなった。






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。