猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

肉食動物の猫はビタミンやその他の栄養素は必要ない?

nikushoku5

動物というのはざっくりと、
牛や馬のように植物質ばかりを食べる”草食動物”、
ライオンやトラのように動物質ばかりを食べる”肉食動物”、
そして植物質と動物質の両方を食べる”雑食動物”とに分類される。

人間は雑食動物であることは明らかであるが、
猫も雑食動物だと勘違いされることが意外に多い。

しかし実際のところ、猫は肉食動物なのである。

 

 

猫特有の栄養学

肉食動物と雑食動物とでは、
体の健康を保つための必要な栄養素が少し異なっている。

つまり猫と人間では、
健康に必要な栄養素の摂り方が異なるということ。

 

例えば猫は、良質なタンパク質や良質な脂肪、また、
ビタミンAやビタミンBを人間よりもはるかに必要とする。

逆に塩分に関しては、
人間が通常摂取するほどの量は必要としない。

なので、ご飯に味噌汁をぶっかけた通称”ねこまんま”という食事を
猫に与えている家庭がよくあるが、
その食事は猫にとって塩分の摂りすぎとなってしまい、
腎結石などの病気のリスクが高まってしまう。

 

また人間はビタミンCを、
意識的に外部から取らなければいけないが、
一方で猫は、ビタミンCを食べ物から摂る必要はまったくない。

なぜならば人間と違って猫は、
体内でビタミン C を作ることができるからである。

 

nikushku3

摂取するべき栄養素の種類に関しては、
肉食動物である猫も雑食動物である人間と基本的に変わらない。

しかし、摂取するべき栄養素のバランス配分が
猫と人間では異なっていることを頭に入れておきたい。

 

 

ビタミンはどう摂取している?

人間は野菜を食べることでビタミン類を摂取するが、
肉食動物である猫には野菜を食べる習性がない。

猫だけに限らずそもそも肉食動物は、
どのようにビタミンを摂取しているのだろうか。

 

ライオンやトラなどの肉食動物が
獲物を捕獲して食事をしている映像を
テレビか何かで見たことがある人は多いだろう。

肉食動物は捕えた獲物を、骨以外すべて食べ尽くす。

nikushoku2

そして特に注目したいのが、
その捕獲した獲物の内臓から初めに食べるというところ。

そう、これこそが
肉食動物によるビタミンの摂取方法の答えである。

動物の内臓には、
ビタミンが豊富に含まれているということである。

そして不足しがちなビタミンを補ったのちに、
タンパク質や脂肪が豊富に含まれる肉を食べることになる。

 

 

ここで勘がいい人は気づいたかもしれない。

それは、いくら猫が肉食動物だからといって、
肉の切り身だけを与えていても、
猫に必要な栄養素は満たされないということ。

肉食動物の猫は、獲物を丸ごと食べることで
必要な栄養が満たされるというわけである。

 

ここのところは実際、かなり誤解を持っている人が多い。

肉食動物だからといってタンパク質と脂肪だけしか
必要としないわけではない。

また、草食動物だからといって、
タンパク質や脂肪を必要としないわけではない。

肉食動物も草食動物も、
必要とする栄養素の種類は基本的に同じであり、
その摂取の仕方やバランスが大きく異なっているだけの話である。

 

nikushoku

なのでここでは、
猫には猫に合った食事を考えるのが飼い主の役割である。

そういった意味でキャットフードは、
猫に必要な栄養素を考えられて作られているため便利であり、
猫の食事に関してよくわからない場足は、
上手に活用していきたいところである。

ちなみに犬と猫では必要な栄養素が異なるので、
猫にドッグフードを与えるのは間違いであることを、
覚えておいてほしい。

 






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。