猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

猫の縄張り意識の高さと、その決め手の”においつけ”

nawabari

群れを作らず、単独行動する動物というのは、
縄張りを持つ習性があるようだ。

その縄張りの範囲というのは、エサを確保できるのと、
安全な隠れ場所を兼ね備えた広さ。

野生動物の家探しも、なかなか大変そうである。

しかし一旦、縄張りを決めてしまえば、
そこは家みたいなもので、全てを知り尽くしているため、
かなり心を落ち着かせることができるらしい。

なんかこの動物的本能、理解できる。

 

 

縄張りの中では強気

室内飼いの猫の場合、その住んでいる家の中が縄張り。

かたや放し飼いの猫の場合は、家が安全な隠れ場所となり、
その家と毎日パトロールする外出先が縄張りとなる。

これら飼い猫は、エサは探さなくてよいため、
縄張りは安全な隠れ場所だけでいいと思うのだが、
一定範囲の縄張りを持ち、パトロールする習性というのは、
本能的におこなってしまうものらしい。

また縄張りの中でも、クッションなどが置いてある、
お気に入りの休息場所に近ければ近いほど、
かなりエネルギッシュになるという。

そのためか、家の中と外ではキャラクターが
ガラリと変わってしまうことはよくあること。

まさに”内弁慶”である。(笑)

 

そういえば我が家の猫は、室内飼いの猫だが、
屋根の上も行動範囲である。

屋根の上ではリラックスしている雰囲気ではなく、
パトロールしている雰囲気なので、
外出先の縄張りという位置づけなのだろう。

 

また基本的に、メス猫の縄張りの範囲はオス猫より狭く、
縄張りの外へは滅多に出ることはない。

またオス猫は、発情期には、
縄張りの外へ出ることが多くなるらしい。
もちろん、メス猫を求めて。

 

ということは、室内飼いの場合は、
メス猫の方が飼いやすいということであろうか。

我が家のオス猫のムサシは、
いつも隙あらば脱走しようとソワソワしている。

おそらく縄張りを広げたいのだろう。

去勢済みにも関わらず、何を企んでいるのだろう。(笑)

 

 

縄張りの決め手は”においつけ”

猫は縄張りの至る所に、絶えず自分のにおいをつけて回り、
その自分のにおいが、安心感を与えてくれる。

そのにおいの出る箇所は、あごや上唇あたり、
そしてこめかみあたりにある臭腺という器官。

たしかに、家具の角っこの部分や人間の足に、
顔をこすりつけている姿はよく見かける。

ときには、本を読んでいたり、スマホをいじっていると、
それらにも顔を力強く押し当ててきて、
吹き飛ばされることもしばし。(笑)

 

また去勢されてない大人のオス猫は、
縄張り内にオシッコを振りかける”スプレー”行為で、
においをつけるようになるらしい。

う~ん、さすがにそれは勘弁である。。






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。