猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

猫が鳴く理由とその鳴き声の意味とは?

nakigoe

僕たち人間というのは、相手に何か伝えるために、
様々な言葉を発するが、他の動物は違う。

動物が鳴く理由とは、何かを伝えるためでなく、
そのときの気持ち、すなわち感情を表しているだけである。

それはもちろん、猫にもいえることである。

 

 

いろんな鳴き声の意味

猫は基本的に、何かを伝えようとして鳴くことはない。

例えば、台所で飼い主の脚にすり寄って鳴く猫は、
「何かをちょうだい!」と言っているのでなく、
「おなかがすいた!」と現在の感情を呟いていることになる。

ドアの前で鳴く猫というのは、
「ドアを開けて!」と言っているのではなく、
「ここにいるのは嫌だ!」と主張しているということ。

また、甘えてくるときなどは、「抱っこして!」ではなく、
「寂しい!」と感情を訴えているということ。

 

他にもいろいろあるが、猫は全て”感じていること”を、
鳴き声として口に出しているに過ぎない。

これは”ムードランゲージ”と呼ばれるもので、
なにも猫だけが行うものではなく、
僕たち人間だって普段からよく使っている。

笑い声だったり、鳴き声だったり、独り言といったものは、
すべて”ムードランゲージ”である。

 

猫は鳴くとき、人間の顔を見ながら鳴くことが多いので、
「猫がなにか自分に要求している」と解釈してしまうことだろう。

しかし、決して要求してなくわけではないので、
人間がその場にいなくても、猫は同じように鳴く。

感情が高ぶった時に思わず鳴き声として出てしまうので、
誰がいようといまいと関係ないのだ

それは人間だって、同じことであろう。

 

 

鳴くのは子猫時代の習性

猫が大人になってもよく鳴くのは、飼い猫によく見られる。

飼い猫は、子猫のときの習性が抜けきれないでいるからである。

子猫は何か不満を抱えると、鳴くことで母猫の注意を引き、
なにか世話してもらおうとする習性がある。

そして、満足した時や嬉しい時には喉をゴロゴロ鳴らす。

これも子猫の時からの抜けきれない習性であり、
ムードランゲージのひとつでもある。

 

いっぽう子猫の時から野良として育った大人の猫は、
飼い猫のように感情的に鳴くことはあまりない。

鳴くときといえば、発情期のときか、
喧嘩で相手を威嚇するときぐらい。

なのでもし、野良ネコで人の顔を見て鳴くならば、
以前に誰かに飼われていた猫だと思って間違いない。

 

 

我が家のネコばなし

我が家の猫ムサシは、人の顔を見て鳴くことが多い。

生後1か月頃に拾われて、それ以来人間の世界で生きているため、
かなり甘え癖がついているのだろう。

でも、鳴き声のすべてが
気持ちだけを表現しているのではないように感じてしまう。

明らかに”要求している”と感じてしまうことが多い。

例えば、「お腹へったよ~」と鳴くときも明らかに
「あの、お気に入りのチュルチュルちょうだい」
と鳴くことがあるのだ。

そのときに、普通のカリカリを与えても食べようとしない。

飼い猫も、飼っている家によっては、
猫離れした猫になってしまうのだろう。(笑)

そこがまた、なんともかわいい。






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. We need a lot more inhigsts like this!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。