猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

猫は虫歯にならないが歯肉炎と歯槽膿漏には注意

musiba

缶詰よりもトライフードが栄養面において優れていることは、
以前の記事で述べたとおり。

しかしドライフードが優れているのは、栄養面だけではない。

ドライフードは、猫の歯の健康面においても優れている。

缶詰のような柔らかいものばかり食べる猫は、
歯がダメになってしまうことがよくあるという事実を
ぜひ頭に入れておきたい。

 

 

猫の歯肉炎および歯槽膿漏が増えている?

musiba2

猫の歯は人間の歯とは違った構造をしているため、
虫歯にはならない。

猫の奥歯の観察をしてみると分かるが、人間と違い、
奥歯は尖っていて上下は噛み合わない。

ハサミの刃がすれ違うのと同じ仕組みで、
肉を噛みちぎる構造になっている。

そのため、猫の歯は虫歯にならないのである。

 

しかしその一方、人間と同じで歯肉炎と歯槽膿漏にはなる。

歯肉炎と歯槽膿漏になる原因は、人間の場合と同じ。

歯についた食べカスが歯石になり、
それが原因で細菌感染を起こして歯肉炎になり、
それがひどくなると歯槽膿漏にまで進んで、
結果として歯が抜け落ちてしまう。

 

猫を含む肉食動物というのは、
生肉を咀嚼せずに丸のみする食べ方が基本。

そのため、ライオンやトラといった野生の肉食動物の歯には、
食べカスが残ることは少ないので、
彼らは歯肉炎や歯槽膿漏になることはない。

musiba3

しかし猫に関しては、
人に飼われるようになって食生活が変化し、
また環境の変化も影響して、
最近の猫には人間と同じように歯肉炎や歯槽膿漏が増えている。

 

僕たち人間には、歯を磨くという予防法があるが、
猫に歯を磨かせることは現実的な話ではない。

そこで猫には、歯を磨く代わりに
固いものを食べてもらうしかない。

そのような意味で、猫にとってドライフードは
かなり合理的な食べ物なのである。

また、猫におやつを与えるならば、
やはりそこはウェットフードではなく、
煮干しのような固い食べ物を与えるようにしたいところである。

さらに、”またたびの木”をかじらせるのも歯磨き効果がある。

musiba1

 

 

ときどき猫の歯と歯ぐきのチェックを

毎日やる必要はないが、
ときどき猫の口の中を点検してあげるとよい。

チェックのポイントとしては、
歯の根元に歯石がたまっていないか、
歯ぐきが赤く腫れていないかを見るとよい。

中には、口の中をなかなか見せてくれない猫もよくいるが、
その時はあくびをした時に、
歯ぐきの状態を観察するとよいだろう。

 

歯肉炎や歯槽膿漏の症状が進んでしまったら、
痛みが発生するため、固い物などを食べられなくなってしまう。

 

もし歯石がたくさんたまっていると思ったら、
早めに動物病院に相談することをおすすめする。

さらには息が臭かったり、よだれが出る、
また、ときどき歯を「ガチガチ」と言わせるのも
要注意であることを覚えておきたい。

 






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。