猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

老夫婦のもとに舞い降りた猫。名づけて”桃太郎”

momo4

近所の老夫婦の家に、生後間もない子猫が家族として加わった。

そのオス子猫の名前は、”桃太郎”と名付けられた。

まるで、むかし話の「桃太郎」のような流れである。(笑)

 

老夫婦が桃太郎を家族として迎えるようになった経緯はこうだ。

ある日、目の前の空き地から猫の鳴き声が聞こえるようになったが、
すぐにいなくなるだろうと思い、気に留めることもなかった。

しかしその数日後、老夫婦の家の庭で最後の力を振り絞り、
激しく鳴いていたらしい。

その子猫の”生きたい”という気持ちに、
老夫婦は目を背けるわけにはいかなかった。

そして老夫婦は、子猫を保護することに決めたという訳である。

 

その桃太郎を見るため今回、突撃訪問した。

おそらく生後2ヶ月だと推測される。

 

momo7

 

からだをキレイに洗われていたせいか、
野良猫だった面影はない。

momo6

 

 

その数日後、桃太郎を我が家に連れてきてみた。

恐る恐るだが、探究心いっぱいで、ウロウロする。

momo2

momo5

momo1

 

 

どうも桃太郎は、あまり人見知りをしないようだ。

でも子猫の時というのは、そんなものなのかと。。。

 

そして傑作は、なんと我が家の猫ムサシのトイレで、
用を足したことである。(笑)

momo8

 

さすがのムサシもこの楽天的な桃太郎の行いには、
なにも口を出すことなくジーっと黙認していた。(笑)

 

 






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。