猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

猫のキャットフード(缶詰,ドライフード)の選び方

eduke

毎日いろんなものを食べる人間と違って、
猫は毎日キャットフードを食べ続ける。

そんな猫の姿を見て、
「毎日同じばかりものを食べてたら、さすがに飽きるだろう」
と一度は思ってしまったことがあるだろう。

そして、
「人間がおいしいと思うものは、猫にとってもおいしいはずだ」
と思い、キャットフード以外の食べ物も与えたりしてしまう。

 

しかし、この人間基準の考えや感覚を猫などの他の動物に、
そのまま当てはめるのは大きな間違いである。

例えば、森の中ののコアラの場合は、
他に食べるものがあるにもかかわらず、
毎日飽きもせずユーカリの葉を食べ続ける。

それはコアラが、ユーカリの葉を
「おいしい」と思っているからこそである。

 

つまり人間と他の動物とは、
全く異なった味覚を持っているということ。

猫の場合は、人間の食べ物を食べたりするので、
その辺において何かと錯覚しがちだが、
それは猫の健康にとって良くないことを頭に入れておきたい。

catfood3

 

 

ドライフードがおすすめ

実際のところ猫は、毎日同じキャットフードを食べ続けても
飽きることはない味覚を持っている。

だが、飼い主の中には、
「さすがに毎日同じキャットフードだけではかわいそう」
と思ってしまう人も多いだろう

もしそうなら、
違った種類のキャットフードを与えることにしたい。

いまは実に様々な味や種類のキャットフードが売られているため、
キャットフードの領域を出ることなく、
猫もいろんな味覚を楽しむことができる時代である。

 

 

キャットフードの種類(形状)としては、
カリカリしたドライフードと
缶詰のようなウェットフードに分けられる。

 

ドライフードの特徴としては、
そのすべてが「総合栄養食」であるというところ。

総合栄養食とは、
猫にとっての必要な栄養分をバランスよく含んでおり、
実際のところ、このドライフードと水分さえ取っていれば、
猫は健康的に暮らすことができる。

 

一方の水分を多く含む缶詰(ウェットフード)は、
総合栄養食とそうでないものがある。

基本的には、猫の栄養バランスを意識して作られているが、
ドライフードのように完璧とまではいかないものが多い。

そして現実的に猫が好むのは、
おおよそ缶詰(ウェットフード)のほうである。

 

 

ドライフードの工夫した与え方

eduke1

猫に缶詰(ウェットフード)だけを与えるのならば、
「総合栄養食」という表示があるものを選ぶようにしたい。

もし缶詰に総合栄養食の表示がないならば、
ウェットフードの中にドライフードを混ぜて与えることが、
猫の栄養面において重要となる。

また、缶詰(ウェットフード)に比べて
ドライフードは値段が安いので、
どんなウェットフードにもドライフードを混ぜておくことで、
費用の面でも少しは楽になる。

 

さらにドライフードの良いところは、
含まれている水分の量が少ないところ。

水分の量が少ないことで、お皿に取り分けた後でも、
かなり長い時間その品質を保つことができる。

要するに簡単には腐ってしまわないということ。

なので、猫に留守番をさせることが多い家庭では、
ドライフードの方が安心できるというわけである。

 

 

以上のことを踏まえると、
缶詰(ウェットフード)よりもドライフードの方が、
はるかにメリットが大きいことは理解できると思う。

その通り、理想はドライフードのみを与えることに尽きる。

 

しかし実際問題として、
ドライフードをなかなか食べてくれない猫もいる。

そんな状況のときに缶詰(ウェットフード)を、
上手に活用していくというわけである。

最初は缶詰(ウェットフード)に
少ないドライフードを混ぜて与えてやり、
そして徐々にそのドライフードの量を増やしていく。

するといつの間にか、
ドライフードだけでも大丈夫になることが多い。

 

またそれでもうまくいかない場合は、
さっきの順番でドライフードに慣れさせた後、
最終的に缶詰(ウェットフード)とドライフードを
食事ごとに交互に与えるとうまくいくこともある。

 

さらに、歯が悪くなった年老いた猫には
ドライフードは厳しいと思うかもしれない。

そんな時はドライフードをお湯でふやかし柔らかくして
与えるという方法もある。

catfood1

 

 

状況に合ったキャットフードを使い分ける

キャットフードには、離乳食用、子猫用、成人猫用などがあり、
それぞれの時期に合った栄養分が配分されている。

そのほか肥満猫向けの低カロリー食や、
猫特有の病気に合わせた処方食もあるので、
状況に合ったキャットフードを選んでいくとよいだろう。

 

 

賞味期限を確認する

また、キャットフードはなるべく、
商品が頻繁に動いている店で買うようにしたい。

要するに、
できるだけ新鮮な商品を求めるようにしたいということ。

 

どのキャットフードにも、生年月日が表示されている。

ドライフードは保管期間が短いので、
なるべく新しいものを買うようにする。

一方、缶詰は未開封ならば長期間持つが、
それでも2~3年が賞味期間の範囲となるので、
缶詰の底の部分の数字を見て、しっかりと確認するようにしたい。






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。