猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

猫はキャリーバッグが嫌い?その入れ方選び方とは

carry

猫を病院に連れて行く時や引っ越しの時など、
キャリーバッグを使わなければならない時がある。

猫を病院へ連れて行くのは、
病気でぐったりした時だけとは限らない。

予防接種や去勢や避妊手術といった元気な時にも
キャリーバッグに入れて運ぶことになる。

また、猫を誰かに預けたりする時も、
元気な状態でキャリーバッグに入れて運ぶことになる。

 

子猫であればキャリーバッグで簡単に運ぶことができるのだが、
大人の猫というのは警戒心が強いため、
なかなかキャリーバッグに入ってくれないことが多い。

恐怖心を抱いているときに、
無理やりキャリーバッグに押し込むことで、
猫はパニックを起こし、トラウマになってしまうこともよくある。

なのでキャリーバッグを使う予定がある場合は、
前々から慣らしておくことで猫のストレスを軽減できる。

 

 

キャリーバッグに慣らしておくことが肝心

猫のキャリーバッグへの慣らし方として、いちばんの方法は、
やはり子猫の時からキャリーバッグを使うこと。

散歩に出かけたり、猫好きの友人宅に連れて行ったりと。

旅行が多い飼い主の場合は、
子猫の時からキャリーバッグに入れて連れて行くことで、
そのような環境に適応するようになる。

以前の記事で述べたように、子猫のときであればあるほど、
飼い猫は独自の習性を持つことができる。

 

 

また、大人の猫へのキャリーバッグの慣らし方であるが、
普段から部屋の隅っこに、
キャリーバッグの口を開けて置いておくとよい。

猫は、箱の中や狭い空間に安心感を覚える習性があるため
やがてキャリーバッグを昼寝場所として使うようになる。

一旦利用してしまえば、
猫のにおいがキャリーバッグに染みつくので、
いざ本番の時、猫はパニックを起こさなくなるというわけ。

さらに、猫がキャリーバッグに入っているとき、
蓋を閉めてみてどのように反応するか見ておけば、
なお良いだろう。

 

 

猫の性格とキャリーバッグ

猫それぞれの性格によって、
キャリーバッグに素直に入ってくれる猫と、
そうでない猫に分かれるのが実際のところ。

やはり「狭いところがかなりお好き」な猫の場合は、
狭い空間であるキャリーバッグを受け入れやすい。

なので、狭い空間になれていない場合は、
普段から下のような猫用トンネルなどで遊ばせて、
狭い空間の心地よさを覚えさせておくのも良いだろう。

 

キャリーバッグの選び方

まずキャリーバッグの選び方としては、
”見た目”よりも”丈夫さ”を重視するようにしたいところ。

キャリーバッグに入れて猫を運ぶとなると、
経験者は分かると思うが、けっこう重い。

もしキャリーバッグがチープな作りならば、
持ち手の部分がすぐ壊れてしまうからである。

いくつかのキャリーバッグを、以下に挙げることにしよう。

 

ハードキャリーバッグ

このキャリーバッグの良いところは、上開きと横開きができるところ。

横開きだけだと、猫を中に入れるのに苦戦するので、
なかなかよいアイデア商品だと思う。

さらに取っての部分が固定型なので、
いきなり取っ手が外れるということにはならない。

 

ソフトキャリーバッグ

このタイプの良いところは、
何といっても肩で担ぐことができるところだろう。

普通のバッグと違い、メッシュ部分があるため、
息苦しくなく、外の風景を楽しむことができる。


最近では、下のようなリュックタイプのキャリーバッグもある。

長時間の徒歩移動に強い味方となるだろう。

超安定型リュック スポーティライン リュック型3WAYキャリー #PT60

代表的な3種類のキャリーバッグを紹介したが、
猫の性格や用途に合わせて、
最適なキャリーバッグを選ぶようにしたい。

 

 

僕のキャリーバッグのエピソード

以前、我が家の猫をキャリーバッグに入れて運んでいたときのこと。

いきなり取っての部分が折れてしまい、
地面にキャリーバッグが落下し、蓋が外れて、
ムサシ(我が家の猫)も驚き、どこかへ逃亡してしまった。

幸運にも自宅の駐車場だったので、
しばらくしてムサシも無事に戻ってきたのだが、
もし知らない場所だったら、どうなっていたことか。。

やはり、キャリーバッグは”丈夫さ”が重要であることを痛感した。

 

また、僕の行きつけの動物病院の先生が、
興味深い猫を運ぶための方法を教えてくれた。

それは、「洗濯ネットに入れる」というもの。

半信半疑で一度試してみたが、
不思議と大人しくネットの中に納まっていた。

しかし個人的には、ネットだと運びにくいので、
結局キャリーバッグを使っているのではあるが。(笑)






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. Great arcelti, thank you again for writing.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。