猫の習性を知り、より良い猫の飼い方、育て方を実践する。

犬と違って大人の猫は挨拶をすることがない?

aisatu

よく猫は犬と比較され、”自分勝手”な性格であるといわれる。

これはそれぞれの本来の習性の違いから生じるものである。

犬は群れをつくって生きる動物のため、
仲間や家族といったものを物凄く大事にする生き物。

いっぽうの猫は、本来1匹で暮らす生き物なので、
この習性の違いが性格の違いに表れているといえる。

 

協調性に欠ける猫

単独生活をする猫には、”ほかに自分を合わせる”という感覚は、
さらさらない。

自分がやりたいことを、やりたいときに、
やりたいようにやるのは、猫にとって自然なこと。

これは動物界では珍しいことではないものの、
集団生活をする人間界を中心に見てしまうと、
猫のこういった習性は”協調性に欠ける”となってしまう。

 

いっぽう、犬は集団生活をする動物であり、
他に自分を合わせることが自然にできる。

これは仲間とうまくやっていかないと、
生死に関わるため備えついた習性であり、
犬が仲間に”忠実性”を持っているゆえんである。

ライバル(?)である犬がこのような感じなので、
余計に「猫は自分勝手」と言われてしまうのだろう。

 

猫は挨拶をしないのか

集団生活をする生き物は、関係性を大切にするため、
仲間に会ったときは、お互い挨拶をする習性がある。

犬が知っている人間に会った時の表現は、
誰もが知っていることだろう。

ワンワン!と吠えたり、尻尾を取れるぐらい振ったり、
あげくは飛びついてきて、ペロペロと舐めまわす。

これは仲間を大切にする、犬特有の挨拶なのである。

人間の場合も、お互い握手をしたりハグをしたり、
また言葉によって挨拶を交わすことで友好関係を示す。

 

しかし、猫にはそんな友好関係は必要ないので、
猫の世界には、挨拶というのが存在しない。

なので基本、飼い主を出迎えたりすることはない。

では、猫は外出先で、知っている猫に会ったらどうするのか。

お互いに無視するのが普通であり、
また、ケンカになりそうだったり、居心地が悪ければ、
どちらかがゆっくりと立ち去ってしまう。

犬に比べて、なんとクールなことだろう。

 

 

我が家の猫、ムサシばなし

我が家のムサシは、私が帰宅した際、
出迎えてはくれないものの、
姿を見つけると「ニャー♪」と、ご機嫌よく挨拶をしてくる。

猫も、飼っている人や家によって、
少しは習性が変わってしまうのだろう。

世界のどこかには、芸をする猫がいるように。。






本日も訪問していただき、ありがとうございます。
↓お帰り前にポチッと押して貰えると、僕とムサシが喜びます(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

プロフィール

重度のネコ中毒に掛かっている
30代の人間(オス♂)。
室内飼いの猫ムサシ(♂)との
ファニーな癒し生活を満喫中♪

かれこれおよそ15年間、
猫と暮らし続けている中で培った
猫とよりよく暮らす経験的知恵を
当ブログにおいて発信している。